ED(勃起不全)治療薬・バイアグラの働きと効果を実感するまでの時間

勃起不全は以前は改善が難しいとされていましたが、バイアグラの登場で多くの人が悩みを改善できるようになりました。

勃起不全は陰茎海綿体に何らかの原因で十分な血流が得られなくなることで起こりますが、バイアグラは性行為の1時間ほど前に飲んでおくことで、血流を改善してくれます。

バイアグラは服用することで血管を拡張し、陰茎海綿体に十分な血流を得られるものとなっており、性的な刺激があったときに効果を発揮してくれます。性欲を高めるような薬ではなく、あくまで血流の改善に役立つ薬です。

バイアグラは医薬品である為、副作用のリスクがあります

バイアグラは勃起不全の症状を飲むだけで改善してくれるものですが、やはり医薬品ですので、副作用もあります。 それゆえに薬を使う前にはその効能だけではなく、危険性についてもよく理解しておくことが大切です。

バイアグラを服用する事で9割の人に副作用がでます

バイアグラの副作用でよく起こる症状としては、血管を拡張する作用がありますのでほてりや顔面の紅潮があげられます。 さらに鼻水や鼻づまりが起きることもあります。

その他では頭痛や動悸、目の充血などが起こる場合もあります。こうした症状にも個人差がありますが、9割の人が何らかの症状が出るとされています。

バイアグラの禁忌と視覚異常

そしてまれにですが、一時的に視覚異常が起こることもあり、ものが青く見えたり、まぶしく見える場合もあります。 それから、バイアグラには禁忌もありますので、薬を使う前にはそのことについても理解しておく必要があります。

バイアグラでは勃起不全を克服することが出来ない理由

薬を飲んでいればEDが完治するというわけではなく、効果は薬を飲んでいるときのみで、その持続時間も5時間程度です。

薬の効果が切れてしまうとまたEDの状態に戻ってしまいますので、性行為のたびに薬が必要となります。 長期に使うとなるとやはり体への影響は気になるところです。

実際にEDを克服した管理人の体験記を見てみる

バイアグラの本来の目的と間違った服用をした際のリスク

バイアグラはもともとは狭心症の薬として開発されていたものですが、薬を使った人に勃起不全の改善が見られたことからED治療薬として利用されるようになりました。

血圧を下げて血管を拡張する作用がありますので、高血圧の薬や心臓病の薬を飲んで入る人の場合は血圧が下がりすぎてしまう場合があります。

バイアグラを服用する際は、適切な医療機関にかかり、処方してもらうことが重要

それゆえに、薬を使う前には健康診断を受け、安全に使えるか医師に判断してもらいましょう。

すでに病気がある場合や薬を飲んでいる場合はそのことを隠さず医師にきちんと伝えておきましょう。

個人輸入でも購入できますが、勝手な判断や間違った使いかたをしてしまうと体に負担をかけてしまうこともありますし、正規品ではない薬が届いてしまう危険性もあります。

過剰に飲んだり、1日に何度も飲んでしまうなどの使い方は避け、正しい使い方を心がけましょう。

ページトップに戻る