あの食材に含まれる元気の素、オキソアミヂン

あの食材に含まれる元気の素、オキソアミヂン

オキソアミヂンは、世界各国で様々な料理に使われ多くの人々に親しまれているあの食材に含まれる成分です。特に中国では精力剤として6,000年程前から親しまれてきており、いまや日本でもいろいろな料理に使われます。

そう、その食材とはにんにくです。

長年にんにくは元気の素として愛用されてきましたが、その効果に科学的な根拠は発見されていませんでした。ところが今から87年前、日本の小湊潔博士が50年に渡る研究の結果、にんにくに含まれるオキソアミヂンが精力・滋養強壮の源であることを発見し、現在では医学界でも厚生労働省にもその滋養強壮の効果が認められています。

オキソアミヂンが滋養強壮いいのはなぜ?

オキソアミヂンには、血液をサラサラにして血流を良くしてくれる働きがあります。血流が良くなると酸素が全身にしっかりと行き渡るようになり、その結果疲労回復効果が表れるのです。男性にとっては、血流改善によって陰部にもスムーズに血液が行き渡るようになり、その結果勃起しやすくなります。

オキソアミヂンの効果に関するネズミを使った実験で、以下の結果が出ています。

1、精子量アップ

普通のネズミとオキソアミヂンを投与したネズミを比較すると、後者は精子の量に明らかに増大しました。

2、持久力アップ

普通のネズミとオキソアミヂンを投与したネズミを、泳いでいないと溺れてしまう深さの水に入れて観察したところ、前者が泳ぎ疲れて沈んでしまってから約4倍の時間、後者は泳ぎ続けました。

3、成長の促進

普通のネズミとオキソアミヂンを投与されたネズミを比較すると、後者はビタミンB1の吸収率が良く、身体が1.5倍ほども大きく成長しました。

実際に長年効果を実感されながらもその理由は謎に包まれていましたが、オキソアミヂンのこういった効用が、人々を元気にさせていたというわけです。

       

オキソアミヂンの様々な効果と副作用

オキソアミヂンの様々な効果と副作用

オキソアミヂンの絶大な滋養強壮効果については古くから実感され、多くの人が知るところとなっていますが、滋養強壮のほかにもたくさんの効果があるのです。

特に、血流が悪くなることが原因の1つとなっている高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞を防ぐのに効果があることが研究でわかっています。また、これらの病気は、器質性勃起不全の原因となる病気とほぼ同じであることがわかりますね。つまりオキソアミヂンを正しく摂取することで血流が改善されると、精力増強によって勃起しやすくなることはもちろん、器質性勃起不全のもとになる病気も改善してくれるということです。

では、気になるオキソアミヂンの副作用にはどういったものがあるのでしょうか。実はオキソアミヂンには副作用がないのです。ただし、にんにくに0.03%しか含まれていませんので、1日に必要とされる200gを摂取するには、にんにくをまるごと1球(約630g)食べなければなりません。

オキソアミヂンだけを抽出し、200mg分を2つのカプセルにしたプロキオンは、1日に1つずつ2回飲むだけでにんにくが持つ精力の源を私たちに与えてくれます。勃起不全への効果を誇るオキソアミヂンを、こういった形で摂取することも可能です。

実際にEDを克服した管理人の体験記を見てみる

ページトップに戻る