勃起不全治療薬「レビトラ」の効果と副作用

女性に対して積極的に行動できなくなり、彼女ができなくなってしまったり現在いるパートナーとの関係を悪化させてしまう大きな原因となるED。

EDとは勃起不全のことをいい、日本人男性のおよそ3人に1人程度が勃起不全の疑いがあると考えられています。

勃起不全が生じてしまう原因としては、男性性器の海綿体組織に十分な血液が送り込まれないことに起因します。男性は通常性的な刺激を受けるとまず脳が反応して脳から性的興奮を男性性器に伝える物質が放出されることとなります。

この伝達物質によって男性性器の海綿体組織が血管を膨張させ、十分な血液を受け入れられるように体制を整えるのです。 膨張した血管に大量の血液が送り込まれることによって男性器は勃起します。

勃起不全は何らかの原因によって、脳からの伝達物質が男性器に伝わらなかったり、血液が海綿体組織に届かないことなどに起因して生じる症状であると考えられているのです。

そんな男性にとって深刻な症状である勃起不全ですが、手軽かつ即効性の高い解決手段として近年注目を集めているのがレビトラ(れとびら)などのED治療薬です。

実際にEDを克服した管理人の体験記を見てみる

ED治療薬「レビトラ」とは

ED治療薬は基本的には専門クリニックで処方してもらい服用できるものですが、最近ではネット通販でも購入ができるため、多くの人が飛びつきやすいものとなっているのです。

レビトラの効果と持続時間

レビトラはドイツで開発された薬であり、即効性の高いED治療薬として比較的高い人気を誇っています。

ED治療薬として有名なバイアグラと比較した場合でも服用から効果があらわれるまでの時間が短く、また持続時間も長くなっています。

 

レビトラが勃起不全に効果がある理由と服用法

レビトラには、塩酸バルデナフィル水和物という有効成分が勃起を妨げる酵素の働きを阻害する効果があり、これによって勃起不全(ED)を改善します。 食事の影響を受けにくいため、空腹時以外でも服用可能で、飲み方も性交時の1時間程度前に飲めば効果を期待できます。

勃起不全治療薬レビトラの主な副作用

しかしレビトラは医師の処方を必要とする医薬品であるため当然多くの副作用のリスクがあります。 目の充血や頭痛、動悸や鼻づまりなどの副作用はレビトラを使った人のおよそ9割もの人に生じる副作用であり、使用する際には覚悟が必要となるのです。

レビトラを使用してはいけない人

またレビトラは不整脈があったり低血圧・高血圧の場合は使用できないなど数多くの使用制限があります。 ネット通販で薬を購入した場合、これらの注意事項に気が付かず使用して、重大な副作用が生じることもあります。

極力ネット通販での薬の購入は避け、どうしても薬を使う場合には医師の処方を受けましょう。 薬に頼らずに治すのが体にとっては一番なのです。

ページトップに戻る