勃起不全治療薬「シアリス」の効果と副作用

勃起不全は男性にとって深刻な悩みのひとつですが、今はこうした症状も治療で改善されるようになりました。 勃起不全の治療は特に難しいというわけではなく、薬が処方されることが一般的です。

ED治療薬シアリスの持続時間と用法

ED治療薬はバイアグラは特に知名度が高いですが、その後も新しい薬が提供されておりシアリスもよく選ばれている薬のひとつです。 シアリスは効きはじめるのにやや時間がかかる傾向にありますが、そのかわり持続時間も長く36時間とレビトラ、バイアグラと比べてかなり長くなっています。

食事の影響を受けにくいという特徴もあり、使いやすい薬として知られています。用法は性行為の前に服用しておきます。

シアリスが勃起不全に効果を発揮する理由は

勃起不全の症状は陰茎に十分な血流が得られないことで起こりますが、シアリスなどのED治療薬の効果は勃起を阻害している酵素の働きを抑え血管を拡張させ、血流を促進させてくれます。

勃起治療薬「シアリス」の副作用

薬を飲むだけで勃起不全が改善されることもあり、多くの人が薬を利用していますが、薬を安全に使うためには注意しなくてはいけないこともあります。

まず、薬ですので、やはり副作用があること、シアリスは効き目も長いこともありますので、副作用のリスクも高まるので、より慎重に服用していくことが大切です。

治療薬は良い改善を得ることはできますが、あくまで薬を飲んでいるときだけの作用です。 それゆえに良い状態を維持しようとすれば、長期に薬を使っていかなくてはいけません。

シアリスの副作用の症状

薬を使う場合はその副作用についても知っておきたいですが、シアリスの場合は、頭痛や鼻づまり、ほてり、消化不良などの症状が出やすいとされています。 こうした症状には個人差がありますが、強く出てしまう場合は一旦服用をやめ、早めに医師に相談しましょう。

処方量を自己判断で40mgに増やすと危険です

副作用を抑えるためには正しく飲むことが大切です。国内では20mgまでの処方ですので、40mgなど勝手な判断で飲みすぎてしまうと強く症状が出てしまう場合があります。多く飲めば良い効果を得られるというわけではありませんので、正しい量を守りましょう。

実際にEDを克服した管理人の体験記を見てみる

勃起不全治療薬「シアリス」を服用してはいけない人

ED治療薬の中では使いやすい薬とされていますが、それでも誰もが利用できるというわけではなく体質や持病により使えない場合もあります。 薬の成分にアレルギーのある人は使うことはできませんし、他のED治療薬と同じように心疾患のある人にはふさわしくないとされています。

さらに重度の肝障害となっている場合も薬は向いていませんし、低血圧や高血圧の人も薬の利用は慎重に行なう必要があります。 そして飲み合わせの悪い薬もありますので、すでに何らかの薬を飲んでいる場合はそのことも医師にきちんと伝えておきましょう。

ページトップに戻る