勃起不全改善サプリ比較HOME > 勃起不全とは >
「自主トレ」しすぎると勃起不全になるって本当?

マスターベーションでは勃起するのに・・・

マスターベーションでは勃起するのに・・・

ほとんどの男性が思春期の頃にマスターベーションをやってみた経験があると思います。これは言わば実際の相手と性交渉を行う「試合」をはるか先に見据えた「自主トレ」のようなもの、とも言えますが、たいていはこの自主トレを積んで大人になり、緊張の試合当日を迎えることになるのです。

いざ試合してみると思ったようにいかない、というのはよくあることです。試合を何度も重ねるうちにだんだんうまくできるようになります。しかし、マスターベーションをしているときには勃起して射精までいくことができるのに、性交渉では必ず中折れしてしまって射精できない、となるとこれは問題です。

もしかして勃起不全・・・?と疑い始める一方で、マスターベーション時には勃起するのに、という事実がさらに悩みを深めてしまいます。

性交渉でうまくいかなければ勃起不全?

性交渉でうまくいかなければ勃起不全?

国際的なED(勃起不全)の定義は、「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないために満足な性交が行えない状態」です。つまり、いくらマスターベーション時に勃起と射精を経験することができても、性交時にうまくいかなければ、それは勃起不全と言えるでしょう。

勃起不全かどうかを見分けるポイントは、「満足な性交渉を行うことができているかどうか」ということなのです。自主トレをあれだけ積んで上手になったのに、本番ではどうしてもうまくいかないというのはなぜでしょうか。

思春期の頃に初めてマスターベーションをして、実際に性交渉を行うようになってからも続けているというのは何らおかしいことではありません。パートナーがいる人でも、自主トレのため、気分転換に、あるいはパートナーとの性交渉のペースによって、マスターベーションをすることはよくあります。

大人になってもマスターベーションをし続けていること自体が、勃起不全を引き起こしているということではないのです。

マスターベーションの適切な方法

では、この2つの行為に関連性はないのでしょうか。マスターベーション、つまり自慰行為は、読んで字の如く自分で自分を慰める行為ですから、自分1人で行います。どのように行えばいちばん効果的かを自分で考えて好きなようにいろんなやり方を試し、上達していきます。

つまりこの自主トレは試合のためではなく、自主トレのプロになるためだったのです。これを極め過ぎると実際の性交渉では満足が得られず、その結果射精に結びつかないという現象が起きてしまいます。

特に強く握りすぎたり、畳にこすりつけたりなど強い刺激を求め過ぎていると、女性の柔らかい膣内では刺激が得られなくなります。これを「男性膣不感症」と言います。また過度のマスターベーションによって自分の思い通りに事を運ぶことに慣れすぎてしまい、パートナーとの共同作業では射精まで到達できなくなってしまうこともあります。これも一種の心因性勃起不全と言えるでしょう。

マスターベーションを行うこと自体は何も問題はありません。パートナーのいる性交渉に備えて、適度なペースと適切な方法で行うようにしましょう。

実際にEDを克服した管理人の体験記を見てみる
ページトップに戻る