勃起不全改善サプリ比較HOME > 勃起不全とは >
朝立ちと勃起不全の関係

朝立ちが起こるのは・・・

朝立ちが起こるのは・・・

一般的に言う「朝立ち」とは朝起きたときに勃起している状態のことですが、実際は寝ている間にも何度も勃起しています。これは「レム睡眠」と呼ばれる眠りの浅い状態のときに起こるもので、正式には「夜間陰茎勃起現象」という生理現象の一種です。

睡眠中に何度も起こる夜間陰茎勃起現象のうち、朝方にやってきたレム睡眠のときに起こったものが目覚めたときまで続いていると、朝立ちしていると認識するというわけです。つまり朝立ちしていなくても、夜間陰茎勃起現象が起こらなくなったというわけではないのです。

朝立ちがないのは勃起不全の兆候?

朝立ちがないのは勃起不全の兆候

歳を取って元気がなくなってきたから朝立ちしなくなった、という話をよく耳にしますが、これは加齢と共にとレム睡眠の割合が低くなるためです。

思春期のときにはレム睡眠が全睡眠時間の30%強を占めると言われます。そこから少しずつ減少し、60〜70代になるとレム睡眠の占める割合は20%程度に落ちます。こうしてレム睡眠の時間が減ると、夜間陰茎勃起現象が起こる回数も減るので、必然的に朝立ちも少なくなるというわけです。

こういった睡眠の質の変化や、また睡眠障害や不眠症などによっても夜間陰茎勃起現象は減少しますが、これは単なる生理現象の変化で勃起不全とは直接関係がありません。

朝立ちから見る勃起不全の可能性

ただし、上記のような睡眠の質の変化や睡眠障害の兆候がまったく見られないにもかかわらず、朝立ちが一切なくなったような場合には、器質性勃起不全の可能性があります。

器質性勃起不全は、性末梢神経障害・糖尿病・高血圧・高脂血症などによる動脈硬化、更年期障害による男性ホルモンの分泌量低下、または外傷によるペニスの異常など、神経や血管に問題がある場合に生じます。

逆に、朝立ちは毎朝のようにあるのに、性行為のときには勃起しない、途中で萎える、中折れする、などといった症状がある場合には、心因性勃起不全の可能性があります。心因性勃起不全とは、ストレスやパートナーとの気持ちのズレ、過度の緊張や不安などの心理的な影響によって起こる勃起不全です。

勃起不全の不安を取り去るには

朝立ちしなくなったからと言って、すぐに自分は勃起不全だ、と悩み始めることはありません。しかしもともと性行為のときに不安がある場合は、朝立ちの減少を勃起不全の1つのサインと見て、対策を考えるきっかけにするのもいいでしょう。

それでも朝立ちしなくなったからと言ってすぐに医者に行くのは少し躊躇してしまう、という人は、副作用のリスクが低いサプリメントでチェックしてみましょう。勃起不全改善のサプリはいろいろと薬局で手に入ります。中でもプロキオンは厚生労働省が実証した指定医薬部外品であり、安全性が高いので副作用を気にせず試してみることができます。

ただし、器質性勃起不全のように別の病気が原因で起こっているケースもあるので、自分の状態をしっかり把握するためにも、サプリを試しても変化がない場合は必ず医療機関に相談することをおすすめします。

実際にEDを克服した管理人の体験記を見てみる
ページトップに戻る